生活クラブ葬祭サービスからお申込み頂ける京都の樹木葬をご紹介致します。大本山のお寺の中にある樹木葬地。京都有数の観光地でもある、「東福寺」「建仁寺」「大徳寺」にある5つの樹木葬。随時【無料見学会】をやっていますのでお気軽にぜひ。

京都の東福寺正覚庵のイメージ

樹木葬とは

1999年に日本で始まった樹木葬。環境保全や自然再生にも取り組んだ新しい葬法でしたが、最近では様々な方法の樹木葬が増えてきています。「里山型」、「都市型」などに分かれ、山林だけではなくアクセスの良い都市部の墓地に作られたものもあります。「自然に還ることができる。地中深く埋められた自分の骨が墓標替わりの花木の栄養となり生まれ変わる」 「継承者がいなくてもいい永代供養」 「経済的負担の軽減」など、そういったところが人気の理由です。

京都の樹木葬の特徴


 

永代供養で安心

継承者がいなくても大丈夫、墓参する人がいなくともお寺が代わって供養します。

環境に優しい

骨壷からお骨を取り出しさらし木綿に包んで納骨するので自然に還る方法での埋葬となります。

宗旨宗派不問

現在の宗旨宗派を問われることはありません。法要の際は臨済宗の教義に則り執り行われます。

廃寺の心配なし

歴史ある大本山の大徳寺・建仁寺・東福寺の塔頭寺院なので廃寺の心配がありません。

樹木葬をもっと知るなら

>>無料資料請求

紹介する5つの樹木葬


 

東福寺塔頭 正覚庵 法洲苑

しょうがくあん ほうしゅうえん

  • 京都の樹木葬がある東福寺の正覚庵の風景
  • 京都の樹木葬がある東福寺の正覚庵の山門
  • 京都の樹木葬がある東福寺の正覚庵の墓所
  • 京都の樹木葬がある東福寺の正覚庵の墓苑

墓地使用料

1人利用 50万円

2人利用 70万円

※永代供養料が含まれます

納骨料3万円/霊

年会費5千円/年

管理費なし

木立の中の自然との一体感
正覚庵の先々代”法洲和尚”が杉、桧、桜、楓などの苗木を境内に手植えしました。数十年かけ木が大きく育ちこの空間を作り出しました。樹木葬地はこの法洲和尚の遺徳をしのび法洲苑といたしました。
杉苔に覆われた墓苑は広く、杉や紅葉などが植わっています。石積みにより高さを出した墓苑は屈むことなくお参りでき、自然との一体感があるので四季を感じる空間になっています。区画毎に埋葬されることになり他の方と交じることはありません。こうしてたくさんの方々が集まり、全体でひとつの墓となります。

正覚庵をもっと知るなら

>>無料資料請求


東福寺塔頭 荘厳院

しょうごんいん

墓地使用料

1人利用 50万円

2人利用 70万円

代々利用 80万円

※永代供養料が含まれます、代々利用は改葬の場合のみ

納骨料3万円/霊

年会費5千円/年

管理費なし

桜と紅葉の木のそばに眠る
荘嚴院の山門を入り庭づたいに飛び石をすすむと、樹木葬地は土塀と生垣に囲まれた静かで落ち着く空間となっていて、京の春と秋を彩るしだれ桜とモミジの2本の樹木が植っています。 杉苔に覆われた東西に長い埋葬地は、東福寺の石積みによく使われている十津川石で囲まれています。

荘厳院をもっと知るなら

>>無料資料請求


東福寺塔頭 即宗院 自然苑

そくしゅういん じねんえん

墓地使用料

1人利用 50万円

2人利用 70万円

※永代供養料が含まれます

納骨料3万円/霊

年会費5千円/年

管理費なし

四千坪を超える緑豊かな境内地
深い緑に囲まれた中、野趣豊かな小隈笹(コグマザサ)の下、地中深く埋葬されます。 「自然苑」は、昨今の家族像や価値観の変化から、お墓の継承者がいなかったり無縁への不安を抱えた人、一人暮らしの人や子供に負担をかけたくないと考える現代人にも安心で、やさしいお墓のカタチです。 自然苑は、三方に高木と瓦塀で囲まれた静かで落ち着いた空間となっていて、緩やかな3段の小隈笹に覆われた埋葬地となっています。 利用者は、小隈笹の それぞれの区画に埋葬されることになります。

即宗院をもっと知るなら

>>無料資料請求


建仁寺塔頭 両足院 緑雲苑

りょうそくいん りょくうんえん

墓地使用料

1人利用 70万円

2人利用 90万円

※永代供養料が含まれます。

納骨料3万円/霊

年会費5千円/年

管理費なし

祇園に佇む京都最古の禅寺の中に
樹木葬地は緑雲苑という名称です。槇の木等に囲まれ静かです。 秋には黄葉がとても美しい銀杏の木が中心にそびえます。 利用者は、苔地のそれぞれの区画に埋葬されることになります。 たくさんの方々の墓が集まり、全体でひとつの墓となります。 個人墓であり、集合の墓でもあります。

両足院をもっと知るなら

>>無料資料請求


大徳寺塔頭 正受院 茈林壇

しょうじゅいん しりんだん

墓地使用料

1人利用 50万円

2人利用 70万円

※永代供養料が含まれます。

納骨料3万円/霊

年会費5千円/年

管理費なし

日本の文化に影響を与えた大徳寺にある
「茈」という字は大徳寺を象徴する紫、「林」という字は人々が集うさまをそれぞれ意味しています。 苑内は、大名竹やマルバヒイラギに囲まれ、春には枝垂れ桜が、秋にはモミジ、冬には侘助(椿)が美しく咲き、ゆったりとした墓苑になっています。 利用者は、杉苔のそれぞれの区画に埋葬されることになります。 個人墓であり、集合の墓でもあります。 正受院の樹木葬地は、京都が好きで、自然志向や子どもたちに負担をかけたくない、お墓の継承や無縁化が心配とお考えの人におすすめします。

正受院をもっと知るなら

>>無料資料請求


生活クラブの特別なプレゼント

 

今ご成約いただきました会員様には

それぞれの寺院の歴史がわかる

淡交社刊「古寺巡礼」をプレゼント中!!

古寺巡礼 東福寺 大徳寺 建仁寺


樹木葬についてお問い合わせ

お電話では

0120-098-325

月曜~土曜9:00~17:00


京都の樹木葬の概要

【 永代供養 】

墓参する人がいなくてもお寺が代わって永代に渡り供養いたします。没後33回忌まで毎年、春と秋に臨済宗の教義に則り合同供養祭が執り行われ、33回忌以降は、土となったご遺骨の一部を各寺院内の総墓に遷座(合祀)し引き続きご供養されます。

【 区画 】

区画ごとに分かれており、他の方と御遺骨が混ざることはありません。二人利用は上下にて埋葬されます。

【 納骨 】

自然に還る方法でさらし木綿の袋に御遺骨を包み埋葬されます。

【 墓参 】

一般のお墓参りと同じように、明るいうちであればいつでも墓参できます。

【 墓碑 】

希望者には、墓碑にお名前と埋葬区画を刻むことができます。(有料)